!!君はなぜこんな所へ? ~アニメのちょっとした感想~

日々の駄文とアニメの事に関するテキストしかないよ

視点のもんだいじゃないかなそれは・・・

映画「銀魂FINAL」が「鬼滅の刃 無限列車編」の動員数を抜いたという話
そりゃみんなが見て見終わった人は行かなくなって日に日に客は減る所に
新作が出て客が入りましたってなれば数字的には上になるだろうよ当然だ。
14週目の客入りと1週目の客入りなんたからさ…このあと「エヴァ」に
抜かれる予定すらあったんじゃないかと思うくらいだがエヴァは公開延期を決定した。
このたくさん見てもらって客入れたいのに入れられないジレンマみたいなの
まずいと思うね。


アニメ 感想 第1話
回復術士のやり直し TNK、なろう(ラノベ)、コミカ(一部既読)

回復術士:こちらも「 神田川JET GIRLS」からまる1年ぶりのTNK元請け作品。
『児童および青少年の視聴には十分ご注意ください。』出す出さないでいば出すべき。
これなぁコミカライズは途中で読むのやめました巻き戻し後に計画成功立場逆転
みたいなところまで読んだらもういいかなって…なろうの系統でいえば
「盾の勇者」系というかいわれのないひどい目にあって数少ない利点をフル活用して
壁を乗り越えていくってものだがこの主人公は時間を巻き戻して今度は失敗しないで
成功してやろうとならずにもうなかったことになっている元主人を貶めることに
わざわざ心血を注ぐというねじれにねじれても一周回っても真っ直ぐにならない
そんな男の話でそれを楽しく見れるのは中々に稀だと思う。ストレスフリーどころか
常に異様な負荷をかける作品だ。で、なぜか通常と回復Verという規制の薄い
バージョンがAT-Xで1日2回放送される(自分は規制薄い方だけ見ます)
1クールやってもそんな気分が良くなる気もしないしなぜ選んだTNK?
スケベな作品に定評あるTNKだがこういう話で発揮してよいものか?
好きな人は一定はいるかも知れないがかなりのマニア層向けだと思う。