!!君はなぜこんな所へ? ~アニメのちょっとした感想~

日々の駄文とアニメの事に関するテキストしかないよ

あるだけマシ出るだけ努力した…そうなの

TVアニメ「BLUE REFLECTION RAY/澪」Blu-rayシリーズに発売中止
予約はすべてキャンセルとなりました、ディスクは出ないがサブスク配信で見れる
ではレンタルはあるのだろうか?ディスクの販売は無くてもレンタルはあって
コストは随分低くなりパッケージとか良い装丁などは無いけどレンタル落ちで
傷だらけかもしれないが映像が見れるディスクが手に入るチャンスが…
という作品がチョコチョコ存在した。原作者からの権利主張で抹消とかでも
なければこういう可能性もあると!CM入れてたけど損切されたってことなんでしょう。

アニメ 感想
ゴジラ S.P <シンギュラポイント> 第13話(最終回)をみる ⑤☆
まず私が特撮としてのゴジラにそれほど詳しくないし長いシリーズの4,5本を
見たことがある程度のにわかという自覚をもって完全に新しい軸の作品として
向き合ったのは正解でした。始まった当初から高い評価もありましたがその辺は
仕込まれた過去作オマージュと次への引きが上手かったくらいでどう転がるか
疑問視しながらみてました、実際の所メイパートよりジェットジャガーのいる
ユンパートの方に引っ張られていたし考察や語り部分はペロ2やユングのおかげで
掴み取りやすくはなっていましたが考察などはしないで語られるのを待つ形で
視聴を続け、最終話で2つのパートで進めてきた紅塵、アーキタイプ特異点
オーソゴナル・ダイアゴナライザー、歌などが収束していき破局を回避する
決定的なカギになったというのはわかりました。内容的には半分くらいしか
理解していない感じはありますが怪獣だとか街の破壊だとか人類の抵抗だとか
ゴジラ」に過剰な期待が無かったせいでらしくないとか物足りないという
不満は無かったです。Cパートで葦原をはじめとするわかってて動いてる人達が
骨格を使いメカゴジラ建造を進めている描写もあり何かに繋がる感じはありましたが
危機を潜り抜けメイとユンの対面を見せて終わるなら気持ちよく終わったなと。
どっぷりハマりはしなかったけど見どころは随所にあって見てて良かった。