!!君はなぜこんな所へ? ~アニメのちょっとした感想~

日々の駄文とアニメの事に関するテキストしかないよ

メーカーの許可とってやる同人

スーパーロボット大戦X-Ωに「魔法のプリンセスミンキーモモ」参戦
確かに魔法で巨大ロボをパロディとして本編で出てなんと立体化も果たしている
スクライド」や「キューティーハニー」などロボ?ってなるのは
散々取り込んでいるので作品そのものは驚かないが「モモ」と「ハマーン・カーン」が
遭遇するというのが震え上がる事象なのであるwみんなその目でたしかめるのじゃ!


アニメ 感想 第1話
せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ(3期) 4分 Pie in the sky、オリジナル、再開/1年

くまクマ熊ベアー EMTスクエアード、なろう(ラノベ)、コミカライズ
NOBLESSE -ノブレス- Production I.G、(韓国)WEB NAVER WEBTOON(漫画/完結)
⑤ キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 SILVER LINK.、
 富士見ファンタジア文庫(ラノベ)

ツキウタ。 THE ANIMATION2(2期) (中国)Children's Playground
 Entertainment(Bilibili)ムービックのキャラCD企画、再開/4年
ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN(3期) david production
 島田フミカネ&Projekt kagonishのMM企画、再開/10年

魔法少女くるみ3:ちょっと前YOUTUBEで3期作るよと発表がありがっかりした…
もうやらんでもええのにと思いつつお付き合いで見るが相変わらずというかお約束の
「声きったねぇな」「遅刻遅刻~」掛け声が揃わないを見せつけられた。
ちょっと気になったのはあんなべったりだったAbemaへの提供がなくなり
BS11のみでさしあたってコメンタリー版の「~の中の人」が綺麗さっぱり無い
何かあったんだろうそれともクラウドか何かで頼れる資金源でも得たのだろうか?

熊ベアーEMTスクエアードかぁ…厳しいなぁ「アサシンズプライド」でも
なんとかこだわりを見せれた程度で安定の作画点マイナスが約束されてる感ある。
しかも見た目がふざけてる以外アピールが薄そうな着ぐるみ少女の私TUEEEって
パンチ弱すぎやせんかな、あと可愛い美少女は今更ファンタジーにいなくても
今期は百合百合しいのも含めて本当により取り見取りなんですわ、
あえてこれを選ぶだけの力が見当たらない!これで歴戦の「ストパン」や「ごちうさ」と
パイを奪い合うだって…なんて無謀なんだ。1話の人助け当たり障りない導入ではある
頑張りも認めたくなるが多分荒波に飲まれてしまうと予想する。掌返しをさせてほしい。

ノブレス:韓国原作で日本語訳版は「LINE漫画」でみれるそうだ。長い海底での
眠りから目覚めた超強力な吸血鬼の始祖見たい男が文明の進んだ未来を高校生として
満喫している感じ、どこどなくジョジョDIOっぽい場面があるが中身は
ほぼほぼ悪意は無く従者っぽいフランケンの運営する学校で友人を作っている。
2016年OVAを作っており公開されていたので見た、0話扱いで今回のTVシリーズの1話と
完全につながっていたw続けてみて思ったが4年前なのにOVAの方がクオリティが高く
軽いギャグ調の演出が無く雰囲気がいいとさえお思えた同じIGでも力の入れ方ってのは
あるんだなと痛感した。ややコミカルでラーメンを伸びるまで待つっヴァンパイアは
なかなか乙なモノだ。自分に降りかかる火の粉をはらうためなのだが
結果的に人々のために戦ってくれるライジェル様は好感が持てる。

キミ戦:SILVER LINK.は2020年「防振り」「破滅フラ」「不適合者」と個人的に全部
いい当たりだしてるんですよね~、ひょっとしたらこれもいい着地点を決めれれば
原作未完ラノベを上手に料理するすべを心得たとみていいのでは?リーチですよ。
両方の国の最高戦力が惹かれ合って100年続く両国の争いを無くすために動くと…
アニオリENDでガツンと原作声みたいなこと期待しちゃうのは制作フィーバーによる
俺の勝手な幻想かもしれないがちょっとだけ高めに期待値を付けておく。

ツキウタ2:延期を経て現れたシリーズ構成:高橋ナツコの新作である。
1期はそれなりのアイドルアニメだったが中国資本で動き出した2期は制作陣総入れ替え
スタジオぴえろから長ったらしい中国の制作になった。
グラビやプロセラという単語が出てくるとあったなそんなのと懐かしくなってしまうw
1話をみた限りでは露骨なボロは出てない感じ、ひょっとしてこのまま完走できる?
荒探しみたいな見方はしたくはないがどこかで崩れるんじゃないかとは思ってる。
ファンの人たちは発表当時阿鼻叫喚だったがちょっとは胸をなでおろせたんじゃ?

ストパン3:2期からは10年だがOVAとか劇場とはブレイブとかスピンオフとかでいえば
1年ちょっとでの帰還。ファンは待ち望んでいたかもしれないが宮藤・坂本から
物語が再開する一応1話で501メンバーは最低1カット登場していたが揃うのは
時間がかかりそう。水が苦手とされるネウロイが海中から出現したということで
変化というか進化が進んだのかもしれない。来年も新作アニメの準備がある。
さて実は製作がSILVER LINK.からdavid productionへ変わっているそれでも
メカニックデザイン以外の主要制作陣は続投となる。2期はTV放映版とディスクの
修正版の空戦シーンのクオリティが別物ということがあったが今回の放送版は
どんなもんでしょうね。石田燿子の歌を聞くと戻ってきたというか始まったなって思う