!!君はなぜこんな所へ? ~アニメのちょっとした感想~

日々の駄文とアニメの事に関するテキストしかないよ

貴重な体験なのか今後のスタンダートなのか

成人式、これはもう各自治体の対応としか言いようがないね。
祝ってもらうとか祝われるとはなんだか少し違う装いだし出るも出ないも自己判断
ちょっとした同窓会みたいに酒だ飯だともいかないわけで…
市町村や県の偉い人の挨拶をリモートで聞くってのも変な話だよね。
俺らの年はこんなだったと笑って思い返せる日になるのが一番だ。


アニメ 感想 第1話
闇芝居(8期) 4分半 ILCA、オリジナル、再開/1年3ヶ月
八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ(3期) 3分半 サエッタ、月刊ComicREX(4コマ漫画)
 再開/9ヶ月

EX-ARM エクスアーム ビジュアルフライト
 グランドジャンプ→WEB少年ジャンプ+(漫画/完結)
魔道祖師 前塵編(日本語吹替版) (中国)視美影業、(中国)WEB 晋江文学城(BL小説/完結)
IDOLY PRIDE(アイドリープライド) Lercheサイバーエージェントグループ&
 ミュージックレイン&ストレートエッジのMM企画
怪物事変(けものじへん) 亜細亜堂ジャンプSQ(漫画)
スケートリーディング☆スターズ J.C.STAFF、オリジナル 
無職転生~異世界行ったら本気だす~ スタジオバインド、なろう(ラノベ)、コミカ(既読)

のんのんびより のんすとっぷ(3期) SILVER LINK.、月刊コミックアライブ(漫画/既読)
 再開/5年3ヶ月

闇芝居8:毎年恒例だったが去年は実写をやっていた闇芝居。8期は4期以来の1月スタート
いつもは7月に始まっている。「忍者コレクション」はパッとしなかったってことか。
なんだかOPが紙芝居屋がオフィス街に現れている気がするぞ。
1話はそして誰もいなくなった的心霊スポット探索というドスタンダートなものだった
こういうのでいいんだよって人にはちょうどいいのかもしれないな。

八十亀ちゃん3:こなれてきたよね、行ける所まで行ってほしいがさほど期待はない。
岐阜と三重なら・・・かろうじて岐阜かなwキャラを増やしだしたら危険信号だ。
頑張ってほしい気持ちはあるがあくまで外に向けた名古屋作品という気持ちで。

EX-ARM:やべぇのが来ちまったぜ、まだ「ジビエート」の爪痕も新しいのに
2021年はコレだといわんばかりに令和を否定するようなクオリティのCGアニメが
上陸してしまっている。原作は全然読める代物なのにそのちょっと癖のあるデザインを
そのまま3Dに落としたためみんな三白眼気味で眼が見開いているせいで目が死んでる
その上表情の変化が乏しく動くのは口だけなので不気味。動きは重みが無い感じで
頑張りはわかるがノウハウがない感じ。しかも3Dモデルのコスト削減か手描き2Dを
同時に表示する方法で兄は2D弟は3DとDNAからつながりを否定される感じだw
どこもかしこも悪いんだがなんと音まで悪い!キャストとか演技がダメなんじゃない
キャストも演技もまともだ音質が悪いというか籠っている!BGMと台詞のバランスも悪い
脳みそ主人公が体験しているからという演出かとも思ったが全編おかしな音響だ。
監督は映画やドラマの人でアニメ監督じゃない、制作も番組制作会社…なるほど?
とにかく映像と音響のせいで話が頭に入ってこない、腹筋攻撃もされるわ
電子ドラッグでも決められているような感じだこれが令和サイバーパンク!!
トドメに2クール完成納品されているという…1点にならない可能性はあるのか??

魔道祖師(吹替):1期15話2期8話で現在3期を制作中らしい中国のBL傑作という触れ込み。
道教中心の中国時代劇な雰囲気はあるが映像はすこぶるいい仕上がりだ。
1話は聞いていたほどBL感は無く、宮廷で身分が低く蔑まれていた妾の子が位の高い
母親と息子を呪って怪物を召喚する儀式をしたが自分の身に宿したのは
誰とも知れぬ過去の人物で十数年前に死んだ男が新たな肉体で転生した、
ということくらいしかわからなかった。絵は綺麗だがキャラの見分けがつきにくく
名前を覚えにくい感じがするので気を抜いたら話が分からなくなりそう。

アイプラ:キャラ原案QP:flapperのアイドルアニメ「音楽小Jy…うっ頭が!!というのは
置いておいて、高校時代から二人三脚で成功をつかんだアイドル麻奈と
マネージャーの牧野しかしその矢先麻奈は事故死してしまう…数年後新たにグループを受け持つことになった牧野に元には事故で亡くなった麻奈の妹琴乃の姿があった…
牧野だけには幽霊となった麻奈の姿が見えている二人の夢を琴乃が叶え仲間たちと
トップアイドルになるというスト―リーラインはわかりやすい…ただ人数が10人+
ライバルグループ有りだとちょっとしんどいかな?構成の高橋龍也は去年だと
「おちこぼれフルーツタルト」「はてな☆イリュージョン」と判断が難しい
Lercheとしては「地縛少年花子くん」から1年ぶりの元請けだ手描きダンスはいい感じ

怪物事変:怪異専門の探偵、正体は化け狸そんな男が田舎で強力な駒を手に入れて
これからならそうという感じに見える。形としてはわりと王道であり現代社会の
闇の掃除屋となるところだろう。夏羽のクーラーとの半妖設定だとか失踪している
親のことなどおいおい追っていくべき設定も散らされていた。わりと素直な作品かな?

SRS:今期谷口悟朗監督作品 2本目1話導入は部活スポ根というかアスリート物としては
テンポも説明も完成度高めに見えるリーディングってのがアニメオリジナル競技で
フィギュアスケートを5人一組でやるいわゆるシンクロナイズドスイミングのスケート版
現実にはないので「ユーリ」とかのリアル味でなくアニメとしての動きに寄せている
主人公は一度小学生の時打ちのめされた選手でライバルの弟のコーチングの元
現在トップに君臨する天才を打ち負かそうというお話。祈るように期待している。

無職転生:さすが大本命だなぁ、中身知ってるのでおかしな作りしなければ
2クールで入学前でちょどいい着地点だろう。あまり幼少期端折ってほしくないなぁ
杉田の出番はスグなくなっていくだろう今のうちにいっぱい語っておこうw
ロキシー小原好美かぁもうちょっとしっかりしたイメージだがポンコツに寄せてきたな。
それにしても作画の気合の入れ具合と言いこれまでのなろうアニメが犯した失敗と
成功を加味して何が正しいかわかっているはずだぞこの作品はね。
なんせこの作品のために制作のスタジオバインド建てられたというんだからね!w